未公開株の購入方法 株初心者でも株式投資で失敗しない方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

未公開株の購入方法

株式取引を少しでも齧ったことがあるなら、未公開株というものを知らない人は居ないのではないでしょうか。
また、良く知らない人でも、未公開株でぼろ儲けしたという話くらいなら聞いたことがあるかもしれません。
この未公開株ですが、凄く儲かるというイメージだけが先行しているせいか、未公開株詐欺も頻発していますので注意が必要です。
なぜなら、未公開株の購入方法は、とても限られているものだからです。
未公開株は、持っているだけで凄く儲かるというイメージが強いためか、未公開株を買いたいという人も多いかもしれません。
しかし、未公開株は上場されていない株式ですので、一般の個人投資家などにはほとんど出回らないのが通常で、発行会社と無関係の人が購入するのは極めて困難です。
また、未公開株を取り扱っている証券会社も一部ありますが、慎重に証券会社を選ばないと未公開株詐欺に遭うハメになるでしょう。
 
ちなみに、発行会社の関係者や取引先などが保有している未公開株を、個人的に売買することは認められています。
しかし、ほとんどの未公開株は譲渡制限がついていることが多いため、購入しても取締役会で承認されず、株主と認められないケースもあるので注意が必要です。
さて、一般的な未公開株の購入方法ですが、次の2通りしかありません。

1)日本証券業協会のグリーンシート市場で未公開株を購入する。
2)上場直前の公募に応募する(人気のある企業の未公開株は抽選になることもあります)。

苦労して未公開株を購入しても、発行会社が上場しなければ換金は非常に難しいですし、その発行会社が倒産してしまえば、ただの紙切れになってしまいます。
上場企業と同等に企業内容が開示されるグリーンシート銘柄の未公開株でさえ、上場前に倒産したり、買収されたりすることが多いのです。
このことからも、未公開株の購入は上場されている株式を購入するよりもリスクが高いといえるでしょう。
運良く未公開株を買えたとしても、次のようなケースの場合は騙されている可能性もあります。

1)発行会社がなかなか上場しない。
2)預り証だけで株券が届かない。
3)株券の名義書換を引き伸ばされる。

確かに一攫千金も夢ではありませんが、未公開株の購入は非常にハイリスクだということを覚えておいてください。
2009/05/26(火)  | 未公開株

| 株初心者でも株式投資で失敗しない方法■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。