未公開株詐欺 株初心者でも株式投資で失敗しない方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

未公開株詐欺

個人投資家にとって非常に魅力的な未公開株ですが、少しでも株を齧った人であれば誰でも欲しいものでしょう。
未公開株は「間違いなく儲かる」「非常に儲かる」というイメージが強いだけに、株初心者だけではなく、ある程度の経験を重ねた投資家でも詐欺にかかってしまうことがあるようです。
実際に未公開株で一夜にして財産を築いた例もあるので、決して間違いでは無いのですが、そうそう旨い話が転がっているはずがありません。
未公開株を利用した詐欺を、一般的に未公開株詐欺というのですが、その手口や注意点について紹介していきますので、詐欺に引っかからないよう参考にしていただければと思います。
 
1)未公開株詐欺とは
あまり知識のない個人投資家や投資経験のない人に、未公開株を譲ると持ちかけて、お金を騙し取る詐欺です。
「上場間際の確実に儲かる未公開株」といわれると、つい騙されてしまう人も多いようです。
冷静なときであれば、確実に儲かるのなら人に譲るはずがない、と考えられるのでしょうが、言葉巧みに勧誘されると冷静な判断ができなくなってしまうようです。

2)証券業者は必ず確認する
もし、業者に未公開株の売買を持ちかけられたら、まず第一に確認すべきことがあります。
金融庁のホームページで、証券業登録をしているかどうかを確認してみるのです。
ごく稀に、登録業者でも未公開株詐欺を行っているケースもありますが、ほとんどの未公開株詐欺会社は登録していません。
従って、証券業登録していないにも関わらず、証券業登録しているというウソをつく時点で、未公開株詐欺だと判断できるのです。

3)会社に直接確認する
未公開株を発行している会社に、上場の予定があるか電話で聞いてみてください。
また上場予定がある場合でも、譲渡制限がついていないか突っ込んで確認しておく必要があります。

4)勧誘自体が違法
そもそも、未公開株の購入を勧誘してくること自体、未公開株詐欺である可能性が高いといえます。
なぜなら、日本証券業協会では、一部の例外を除いて、未公開株の勧誘を原則として禁止しているからです。
日本証券業協会が運営しているグリーンシート、もしくは、ブックビルディング以外の銘柄の勧誘は、原則として禁止されています。
このことから、電話などで未公開株購入を勧誘してくる業者は詐欺師だと、決め付けて間違いないでしょう。
正規の証券会社は、電話で未公開株の購入を勧誘したりしないことを肝に銘じておきましょう。

5)思わぬ落し穴
未公開株詐欺は、知人や親戚などから持ちかけられるケースも、意外に多いようです。
もちろん本人は詐欺に加担している自覚が無いまま、善意で話をしていることも多いので、対応も含めて注意が必要です。
2009/05/20(水)  | 未公開株

| 株初心者でも株式投資で失敗しない方法■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。