ロシア株指数とは 株初心者でも株式投資で失敗しない方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

ロシア株指数とは

株式指数というものが株式投資をする場合のひとつの指標でることは、みなさんご存知だと思います。
その国の経済状況をあらわす指標として、日経平均株価などが新聞やニュースなどをにぎわせているので、投資に興味がない方も一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
ここでは、ロシア株指数について簡単に説明していこうと思います。
ロシア株指数の代表ともいえるものに、ロシアRTS指数という指数があります。
ロシアRTS指数とはロシア取引システム指数の略称で、簡単に説明するとロシア株式市場(ロシア取引システム)に上場している銘柄を、米ドル建てで算出した時価総額を加重平均指数した指数のことです。
 
ちなみに、基準となるのが1995年9月1日の時価総額で、この時の価格を加重平均した数値を100として指数化されています。
ロシアRTS指数は、流動性が高くかつ時価総額の大きい上位50銘柄を、ロシア市場に上場している企業の中から選定して構成されていることから、エネルギー関連企業が市場を構成している銘柄の大半を占めているロシアにおいては、天然資源価格がロシアRTS指数と連動している、ともいえるでしょう。
ロシアRTS指数は1998年の通貨危機で大幅に下落したことがあり、その後は天然資源の国際価格が高騰したことに伴って右肩上がりに上昇していました。
ところが、2008年の9月には約50%も急落してしまいました。
この急落は、グルジア紛争やリーマン・ブラザーズの経営破綻による世界同時株安の影響が大きいといわれていますが、9月19日にはMICEX市場が全銘柄取引停止となってしまい、その後も断続的に取引停止になる現象が起きていたのです。
ロシア株の代表銘柄ともいえるガスプロム、ノリリスク・ニッケル、ルクオイルなども、紛争や世界同時株安の影響を免れることができずに最高値から半値近くまで一気に暴落してしまいました。
このように、ロシア株式相場はロシアの政治情勢なども常に考慮に入れないと、ロシアRTSチャートをみているだけでは予測しきれない動きをしてしまうことが良くあります。
自由になる資金を豊富に持っている投資家にとっては、このロシア市場の株安もバーゲンセール並のチャンスなのかもしれません。
しかし、素人投資家にはちょっとリスクが大き過ぎるとも言えますので、投資を始める場合は慎重に検討することが望ましいでしょう。
2009/04/13(月)  | ロシア株

| 株初心者でも株式投資で失敗しない方法■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。