IPO株とは 株初心者でも株式投資で失敗しない方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

IPO株とは

一時期は、未公開株が晴れて上場されると非常に高値が付きました。
このため、「未公開株は儲かる」という思い込みが強くなり、それを利用した未公開株詐欺も横行してしまいました。
こういった例は、ある芸能人が関与していた疑いでニュースでも何度か取り上げられたので、ご存知の方も多いと思います。
さて、未公開株が新規に公開されると、この株式をIPO株と呼ぶことがあります。
今まで上場していなかった会社が新しく証券取引所に株式を上場し、投資家に自社の株式を購入してもらうことです。
IPO株の公開時には、一般の個人投資家も抽選などで購入する権利を得ることができるのですが、非常に人気があります。
IPO株が個人投資家の人気を集めている大きな理由は、ひとえに儲かる可能性が高いからです。
 
公開して最初の取引が成立することを「初値が付く」といいますが、IPO株に付く初値が公募価格を大きく上回ることが殆どです。
また上場後も、抽選に外れた投資家などが「買い」に走るので、株価が急騰することが多いのです。
ところでIPO株の公募価格は、一般的にブックビルディング方式で決定されます。
需要申告期間中に購入したいIPO株を申告することで、個人投資家でも申し込めます。
しかし、先にも書いた通りIPO株は非常に人気が高いため、大抵の場合は抽選となることが多く、しかも申し込みに前金が必要な証券会社も多いのです。
ちなみに、取り扱っているIPO株は証券会社によって違いますので、欲しいIPO株銘柄がある場合には、あちこちの証券会社をチェックすることが必要になります。
口座の開設数が少なく、IPOの主幹事をすることが多い証券会社の場合、抽選確率は一般的に高くなるといわれています。
また、IPO株の抽選申込に前金がいらない証券会社もありますので、資金を拘束されてしまうのが嫌なら前金が必要無い証券会社を探す必要があります。
しかし、ネット証券会社を除くと、IPO株の抽選は投資資金が多い投資家に有利になっており、IPO株の配分は一部を除いて証券会社に一任されています。
このことから、投資資金が少額なのにも関わらず当たりやすいIPO株は、不人気銘柄の可能性が高いといえます。
その場合、「初値が付かない」「初値が公募価格を下回る」といった危険性が伴うことになるので、注意が必要です。
一般的にIPO株は儲かるといわれていますが、このように絶対では無いので気をつけてください。
2009/06/21(日)  | 未公開株

| 株初心者でも株式投資で失敗しない方法■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。